×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八王子の景色   川町落合橋道標(2)                    [戻る]


川町の落合橋際にポツンと置かれた石は、
気付かずに通り過ぎてしまいそうな程小さい。

元々は何であったのかも一見では判らない。
上半分は破損して無くなってしまっているが、
残った下半分に見られるのは両手を胸の前で
合掌する姿とその下に刻まれた三猿である。
青面金剛像と三猿とくれば庚申塔とわかる。

左側面には 
ミち の字が判読でき、
右側面には 
十一月 講中 の文字がある。

破損した部分には、
(左側面 
たかをミち 
(右側面) 
明和四年十一月 
と刻まれていたという。
(参考:縣敏夫 『尾山の記念碑・石仏』 
高尾山薬王院  2007年)