×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八王子の景色   古市場趾                                   [戻る]



史蹟 古市場趾 の文字が刻まれた碑が建っている。
碑の前は陣場街道で、ひっきりなしに車が行き交う。

「八日市場 西蓮寺」と書かれた文書が残っている。
諏訪町から叶谷町一帯は八日市場跡と考えられており、
西蓮寺が「八日市場」にあったか、西蓮寺と八日市場に
何らかの関係があったものとされる。

碑陰に刻まれた
一九五五年
多摩地方文化研究團体連合会

という言葉から見て、「多比屯倉跡」碑や「由比牧跡」碑と
同様、橋本義夫氏が中心となって建碑したものであろう。

北条氏照は滝山城から八王子へ城を移転した際に、
滝山城下の横山・八日市・八幡の3宿も同時に移転させ、
この3宿は現在の元八王子町に置かれたという。
この碑にある「古市場」(八日市場)は3宿とは関係なく、
それ以前にこの地域で栄えていたものではないだろうか。