×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八王子の景色   多摩陵                                     [戻る]


武蔵陵墓地内に奉祀される大正天皇多摩陵。

陵名 多摩陵 たまのみささぎ
陵形 上円下方
追号 大正天皇
御名 嘉仁 よしひと
(武蔵陵墓地案内板より)

多摩陵
長房町の武蔵陵墓地内にある。1927年(昭和2)1月3日
大正天皇陵として勅定、大林組によって築墓された。
天皇陵としては関東地方で最初。面積466,000u。
形式は上円下方墳で京都桃山の明治天皇陵と同じである。
(八王子事典の会「八王子事典」より)

子供のころから何度となく見てきたが、天皇の陵が身近に
あったということで、それが当然のようになっていた。
だが、日本の都は長い間京都にあり、天皇の御所も京都に
あったのだから、天皇陵は近畿圏にあるのが当然なのだ。
明治維新後、首都は東京となり、御所も皇居に変わった。
近畿圏以外の天皇陵は、この八王子が初めてなのだ。