×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八王子の景色   消えた「そごう」                                                 [戻る]



百貨店がひとつも無くなった八王子。
多摩の商圏の中心は立川に移ってしまった。

かつては、横山町から八日町にかけての甲州街道沿いが
八王子の商業の中心であり、かつてはイノウエ・まるき・
などの地元資本の百貨店が出店していた。
まるき閉店後には岡島が出店していたこともある。
緑屋、十字屋などの百貨店もあった。

八王子駅の建て替えにより、そごうが出店すると、
隣接する丸井とともに、八王子駅周辺が商業の中心となり、
集客ができなくなった旧商業地は次第に寂れてしまい、
伊勢丹や大丸は閉店を余儀なくされた。

同様の現象が立川と八王子の間でも起きている。

その象徴である今年2月の八王子そごうの閉店。
SOGOの看板もいつの間にか駅ビルの壁から消えた。







SOGOの看板があった頃。