×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八王子の景色   原家長屋門                                                           [戻る]



小津町への入口となる『辺名の桜』で知られるロータリーの近くに
瓦屋根の長屋門が建っている。
均整がとれた姿の長屋門には歴史が感じられる。

原家長屋門
建造年代は不明で伝承もないが、架構形式、材の状態などから
一九世紀中頃の建造であると推定される。
平面規模は市内で一般的なものだが、柱が長く、西室上部を積極
的に室として利用する点で独創的んば遺構である。出桁部に付庇
を巡らせることで、遺構の背の高さを落ち着いたものに見せること
に成功しており、通り部の意匠と併せ、重厚かつ豪華な風格を造っ
ている。格式の高さを表現しようとした工夫であり、その独創性は
高く評価するべきであろう。

(参考:八王子市郷土資料館『八王子市伝統的建造物等
文化財調査報告書』平成13年3月)













辺名の桜を背にして長屋門を見る。
道路の先には恩方の繊維工業団地がある。